仮想通貨とNFT(非代替性トークン)の深い関係

日本国内の小学生が無料のお絵描きソフトで作成したイラストがネット上の注目を集め、人気が上がり数100万円の価値がついたことがニュースで取り上げられていました。
海外では、別の少年の作成したイラストに数1000万円の価値がつき、総売上は1億円を超えた金額でした。

彼らの稼いだ金額も驚きですが、注目したいのは、その方法です。
なぜなら、イラストは確かに芸術的ではありますが、無料のお絵描きソフトを使用しており、さらに特別な技術もいらずに作成することができるからです。

もちろん、お子さんと言えども才能や基礎は卓越したものがある方ではあります。
そして、つい最近まで、インターネット上に広まったイラストや画像は無料だったはずです。
こうした無料で広まり続けるデジタルファイルに価値を与えた技術がNFT(非代替性トークン)です。

仮想通貨に興味をお持ちの方は、ブロックチェーンという用語を調べたことがあるでしょう。
ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)はもちろん、暗号資産と呼ばれる金融資産の発行から販売、個人間の取り引き記録までを暗号化し記録している情報です。
仮想通貨の取り引き価格や、資産価値の変化、取り引きが進み最終的にどこで所有されているのかまで詳しく記録されています。

こうしたブロックチェーン技術を応用して、画像やイラスト、動画や音楽、ゲームやアプリまで全てのデジタルファイルに記録を残すことで、「多くのコピーが無料でできるファイル」から「唯一無二の作品」へと価値を認められるものがNFT(非代替性トークン)の技術です。

NFT(非代替性トークン)が利用されるまでは、デジタルファイルにコピー防止の高度な暗号化技術と大規模な設備が必要で、大企業や有名アーティストしか利用できないものでした。
そうしたセキュリティも、悪用する方にとっては暗号化技術を解除してコピーすることも難しくはなく、いたちごっこが続いていました。

NFT(非代替性トークン)の技術は、デジタルファイルを作成している個人のアーティストの方に「新しい価値」という希望と作品づくりの魅力、さらにデジタルファイルの取り引きでお金が動くという市場を生み出します。

実際に、イーサリアム(ETH)やアイオーエスティー(IOST)などNFT(非代替性トークン)の発行機能のある仮想通貨は値上がりが続いており、これからの価値が期待できる銘柄といえるでしょう。

未分類

Posted by admin